高級ノート、アピカプレミアムCDノート方眼罫 A5 CDS90S(赤)のレビュー


どうも! まともに最後までノートを使ったことが数えるほどしかない男、ニコアちゃんです。

今回はAmazonで安売りされていた高級ノート、アピカプレミアムCDノート方眼罫A5 CDS90Sのレビューをするぞ! ……高級なのに安売りされてるってどゆこと!?

アピカプレミアムCDノートのレビュー

スポンサーリンク


アピカプレミアムCDノートは定価1045円のかなり高級なノートだ。普段の僕では買えない値段なのだが、アマゾンで半額になっていたので購入させてもらった。

レビューも400以上あり評価も星4.5つだったので世間の評価も悪くはないだろう。

外装もかなり綺麗だし、紙の質も良いし、おおむね不満点はない……のかな?

ただまあ、問題点が全くないってわけでもないのんだけれどね😓(問題点は後記)。

サイズはA5、ページ数は190ほど(96枚)。普通のキャンパスノートはだいたい60ページ(30枚)なので、それらと比べると〝かなり分厚い〟ということが分かるだろう。


ちょうどボールペン(uni ball one)と同じくらいの横幅だ。

……これはその弊害なのだが、ページ数が多くて分厚いことが原因で、通常のノートより重たくなっている(紙の質が良いこともこの重さにつながっているのだろう)。

ちょっと重たいからこのノートを日常的に持ち運ぶのは少しだけ面倒なんじゃないかなって思う(使うならお家用になるんじゃないかな)。

本文用紙には、害きやすく保存に適した王子製紙持抄の中性紙を使用しています。用途や世代・性別を問わず、さまざまなシーンで活躍するスタンダードなノートです。

引用:日本ノート株式会社

アピカプレミアムCDノートはどのページも180度綺麗に開ける



ノートで重要な部分は外装などではなく使用感、すなわち内装だ。

特にこのノートで評価できる部分はどのページで開いても180度綺麗に開く」というところだろう。

本来、普通のノートで180度綺麗に開けるページは中心のページだけなのだが、このノートは糸かがり綴じ製本という方法を用いているため、どのページも中央のページ同様に、180度で開くことができる。

…………。

……分かりにくいので糸かがり綴じ製本について軽く解説。

通常のA5ノートはA4サイズの紙束を半分に折り、それを中央で縫合している(そのため、通常のA5ノートは中央のページ以外、質量の問題で綺麗に開くことができない)。

それに対し、このノートは3枚ごとにページが縫合されているのだ。

  • 普通のノート=真ん中のページを縫合してるだけ
  • このノート=3枚ごとに縫合した紙を縫合して作られている。


……みたいな感じ?

糸だけでなくカドのノリ付けも丁寧にされているから、強度の心配をする必要はない思う。


書き心地はかなりサラサラだ。上質紙を使っているおかげだろう。

コピー用紙にボールペンで絵を描くと、ペン先がガリガリと削れている感じがして不快感を時々覚えるのだが、この紙に描いているときはスーッとした感じがして気分が良い。

キメの細かさは少し使用すればすぐに気づくことができるだろうと思う。

コピックは流石に裏写りする


質の良い紙なのでボールペンやPILOTのインクは裏面に写ることはない

ただ、流石にコピックのようなペンは裏面に写ってしまうので注意が必要だ(よっぽど厚い紙(画用紙のようなもの)でなければコピックはだいたい裏写りする)。

この本は水に濡らしてはいけない!

スポンサーリンク

いや、「水に濡らしてはいけない!」なんてのはどのノートにも言える当たり前のことなんだけどね。……まあ、下の画像を見てもらえばどういうことか分かってもらえるだろう。


表紙、裏表紙は濡れると脱色する上に色移りします♪(最悪だー☆)。

高級感を出すために塗装された表紙は色鮮やかで綺麗なんだけど、少しでも水に濡れると色移りしてしまうんだよね。

ティースプーン一杯分の水を20秒くらい付けただけでこの脱色……、これはかなり問題だな😅

一応、ビニールのカバーは付属しているけど、アレは使い物にならないと思うよ。




…………。

……こんなところかな。

まとめると紙の品質は凄く良くて、全ページ180度で開くことができて容量もあるが、それ故に重量が通常のノートよりもあって持ち運びが多少不便であり、表紙が水に濡れると脱色する。って感じ。

でもまあ、家で使う分には全然良い商品だと思うので、安売りしていたら買っても良いんじゃないかなって思う。

水に濡れるのも気をつければいいだけだしね?

物を大事に使える人にはオススメ。


表紙用紙、キュリアスメタル。
本文用紙、A.Silky 865 Premium。