YouTubeのASMR動画が規約の改訂を原因に規制されるようになったらしい


どうも! 上海飯店に入り浸る指パッチンおじさんこと、ニコアちゃんです。

どうやら「ASMRがYouTubeでえちちコンテンツに認定されてかなり規約が厳しくなった」らしいので、今日はその理由について考えていきたなーって思う。

……いやまあ、考えるまでもなく最近のYouTube ASMRは過激だから規制されるは当然なんだけどね😅 僕がふぁんたんとチュチュしてた時よりも3倍くらい過激だから、ちょっと度が過ぎてて僕も好きじゃないや、最近のYouTube ASMRは特にさ。

どいつもこいつも、自分勝手にエッチな音声を出しやがってよォ。

SophieMichelle ASMRを見習えよ! ──というか、音声だけのASMRはASMRじゃなくて音フェチ動画だから! 勝手にASMRを名乗ってるんじゃねぇよ!(過激派)。

あと、ASMRに興味を持った方は「치즈분수 치킨과 함께 먹방…!! Cheese Fondue Chicken ASMR Mukbang Tasty Hoon 테이스티훈」を見てください。これが真のASMRです。最近流行ってるASMRどれも贋作がんさくよ……。

なぜASMR動画は規制されたのか

スポンサーリンク

今回のASMR規制の話を調べてみると、6月6日に改訂された「子供の安全に関するポリシー」が影響しているということが分かった。

新しいYouTubeポリシーは未成年者の健全な成長を守るために改訂されたものであり、YouTubeは今後、「未成年者の個人宅や浴室などのプライベートな場所で撮影すること」を固く禁じるらしい。

また、未成年者が知らない人と接触を試みたり、過激な度胸試し(シナモンチャレンジなど)をすることも強く規制するようになったみたいだ。

そして、未成年者に対してエッチな感情を抱いてしまう可能性のあるASMRも同様にエッチで危険なので、YouTubeくんはその存在を排除することにしたのだった……。

これからのYouTubeはどうなってしまうのか


GoogleとYouTubeの規制は年々強くなる一方だ。

最近のYouTubeは「ちょっとエッチな発言」をするだけで動画が規制されるほど敏感で、『なんだか窮屈だな~』って感じるよ。

うん。

広告で収益を得てる人は不安だよね。

真面目に動画作って頑張ってる人に対して、どうしてGoogleはあんな理不尽な行動をとってしまうのだろうか……。

だから……、そうだね。






ニコア、動きます。

…………。

……とは言ったものの、やっぱり僕もGoogleには逆らえない。だって僕もGoogleから収益貰ってるもん!

ダメだ……。媚び売っとかないと消されちゃう……。消されたくない。生きたい。見逃してくれ……。

Google最高!Google最高! Google最高! Google最高!

これがアフィで収益を得ている人間の末路よ。怖いね、広告主の意見ってさ……。

……じゃなかった。

Google最高! Google最高! Google最高! Google最高!