Amazonで高評価だったイヤホン SONYのMDR-XB75APのレビュー


どうも! イヤホンをドアノブに引っ掛けてスマホを落下させる男、ニコアちゃんです。

今回レビューするイヤホンの購入日は2020年の3月15日で、記事の最終更新日は2022年4月23日。購入した場所はAmazonです。

SONY MDR-XB75APの直感的レビュー

スポンサーリンク

僕は最初、このイヤホンを購入した時に『微妙だな~』って思った。

だけど、使っているうちにその良さが分かるようになったので、最終的には満足している。

僕はオーディオオタクではないから他製品との比較材料が少なくてそこまで詳しいレビューはできない。なので、素人意見だと思ってもらえると助かる

最初の頃は音のこもりを感じた


このイヤホンを始めて試聴したときに感じたのは、音のこもりだ(濁り、という方が正しいのかもしれない)。これは微々たるものではあるが、不快を感じるものだと思う。

それとこのイヤホンは『キンキンとした音を拾いやすい』って感じた。特に人の声や動画を見ると耳がキンキンする。

けれど、数週間このイヤホンを使ってみるとMDR-XB75APは他のイヤホンでは拾えなかった楽器の音などをうまく拾っているという事が分かった。

まあ、正直言って最初の頃はMDR-XB75APに対してマイナス的な感情しか持ってなかったよ(でも今は違う)。

エージングをしたり使っているうちにだいぶ良くなった


1ヵ月の視聴で音はだいぶ柔らかくなって、9ヵ月目にもなるとその違和感は完全に消えた。

エージングや長期間の視聴をすることで音のこもりはなくなるから、エージングすることをオススメする。

イヤホンによく使われる言葉で、新品で買ったイヤホンを使っていくうちに、どんどんと音が良くなっていくことを「エージング」と呼びます。

出典:サウンドハウス

信じられないかもしれないけど、エージングをするとマジで音が良くなる。

中には『キミがイヤホンに慣れただけじゃん! イヤホン自体はよくなってないだろ!』と思う人もいるもしれないけど、そんなことはない。マジのマジで良くなるから。

エージングで音が良くなるのは事実です。

耐久性は完璧


イヤホンを購入することにおいて重要なのは「音質」だけではない。

そもそもなぜ僕はこのイヤホンを購入したのだろうか?

…………。

……それは、前のイヤホン(final E3000)が壊れたからだ。

左 MDR 右final

見比べてみると分かるだろうけど、MDR-XB75APのコードは太い。質感はゴムみたいな感じで、耐久性が凄くありそうに見えない?

……。

実際、finalのイヤホンは購入してから9カ月程度で壊れちゃったんだけど、このイヤホンMDR-XB75APは購入してから2年以上が経った今でも壊れていない。

間違えて3回くらい洗濯機で回してもピンピンしてるから、凄くない?

ちなみに、イヤホンを濡らしてしまったときは日陰に2~3日くらい干すことをオススメする。何があっても絶対に、濡れた状態で通電させないこと!

耳に入れにくいからダメ


音質△→○ 耐久性◎

であることは分かってもらえたと思うけど、悪い点がもう一つあった。

……。

それは、このイヤホンが凄く耳に入れにくい!ということだ。

いや、なんていうのかな? もうなんかめちゃくちゃ耳からポロポロと落ちるんだよね。

カナルのゴムがデカいせいで、耳から外れやすいのかもしれない。

それかアレかな? このイヤホンがゴツゴツしてるせいかな? まあとにかく、落ちるよ。

あとそれと、ゴムもポロポロと落ちるからストレスが溜まるんだよね。

まあ、定期的にゴムを変えれば多少は落ちにくくなるとは思うんだけど、それでもやっぱり、ほかのイヤホンと比べると『落ちやすいな~』って思う。

ボタンが便利

スポンサーリンク

イヤホンのコード部分についている操作ボタン。これはすごく便利だった。

ちょっとわかりにくくてゴメン

ある程度値段のする最近のイヤホンならボタンは大体ついてると思うんだけど、やっぱりボタンがあると便利だ。

このボタンもイヤホン本体と同様に耐久性がある(洗濯機で3回以上洗っても壊れなかった)。

感度もまあまあ良くて、このボタンで不満を感じたことは一度もないかな。

実はマイクが付いている

この画像も分かりにくくてゴメン

操作ボタンの裏にマイクが付いている

音質はiPhoneのマイクよりは良い音をしていると(個人的に)思うから、これ目当てで買うのも悪くないかもしれない。

でも、期待のし過ぎはNG。

イヤホンのおまけとしてみたら十分いい性能だと思うけど。

左のイヤホンと右のイヤホンを手触りで認識できる

左のイヤホンにだけ凸が付いている

この山みたいになっている部分(凸)も便利。

夜道や暗い部屋の中で簡単に、手触りで左右を判別することが出来るから、左右を判別したい人にとって地味にありがたいデザインだろう(普通のイヤホンにはあんまり付いてないよね、左右をを判別できるデコボコ)。

世間の評価と僕の感想


Amazonの評価は軒並み高くて、星は4.8。

他のレビューサイトもだいたい高評価してるっぽいね☆

それで、僕の最終評価は

音質○ 耐久性◎ 装着性× マイク○ その他の便利機能◎ってところかな。

最終的に僕も満足してるから『定価7840円以下なら買っても悪くないんじゃないかな~』って思う。

けど残念なことに、今は生産終了してプレミアが付いちゃってるみたいだから、買うなら別の商品か後継機を買おうね。

でもやっぱり、個人的にはfinalのイヤホンがオススメ(というか、ワイヤレスイヤホンをオススメする)。

finalのワイヤレスイヤホン!

最近買ったこのイヤホンが良かったので、こちらをどうぞ!

スペック

ヘッドホン部
型式密閉, ダイナミック型
ドライバーユニット12mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
感度112 dB/mW
マグネットネオジウム
再生周波数帯域4Hz-26,000Hz
インピーダンス16Ω (1KHzにて)
最大入力100mW (IEC)
コード長約1.2m リッツ線Y型
コードタイプY型
入力プラグ金メッキL型 4極ミニプラグ
質量約9g
マイクロホン部
方式インラインマイクロホン
型式エレクトレットコンデンサー型
指向特性全指向性
有効周波数帯域20Hz-20,000Hz
開回路電圧レベル(0dB=1V/Pa)-40 dB(0dB=1V/Pa)
0 コメント(上から新着順)
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る