フーリンキャットマーク。おすすめとか色々

フーリンキャットマークとは

 東方アレンジとオリジナルの楽曲をM3などで配布しているアキシブ系同人音楽サークル(アキシブ系とはアニソン、ゲーソンなどのアキバ系音楽と、洗礼されたお洒落な渋谷系音楽を融合させたもののこと)。

 2012年8月11日に行われたコミックマーケット82にて谷高マークさんを中心にフーリンキャットマークは活動を開始。

 サークル名の由来は中華料理屋で、前身のサークル名称はヤタカコーポレーション。

 初の東方アレンジは2012年、オリジナルアルバムは2016に配布。

 サークルメンバーは作詞作曲谷高マークさん、ボーカル鳴紗(めいしゃ)さん、同じくボーカル天川かぐさんの三人。

 公式サイトは「https://magicalinterface.wixsite.com/fulingcatmark

オリジナルアルバム一覧

  

ロケットティーンエイジャー

「お洒落で可愛い 時にCOOLな 渋谷系POP」

 2016年4月19日、春のM3で配布されたフーリンキャットマーク最初のオリジナルアルバム。

 天川かぐさんを中心にしたアルバムで、8曲目の「午前零時の迷子」は谷高マークさん本人がコーラスで歌われている。

 現在は廃版となっており、4曲目の「雨のデルタライン」は6枚目のアルバム「恋するシャングリラ」に、それ以外の曲はベストアルバムの「メランルージュメロディ」に収録されている。

 2019年秋のM3にて会場限定ではあるがvocalの鳴紗さんが、収録された6曲をセルフカバーしたアルバム「サブカルティックアイドル」を配布している。

 ジャケットイラストを担当したのは、りばたさん。ベストアルバムは古都星織さん、リメイクアルバムはemmaさん。

 ゲストボーカルは森野きこさん、yumi(klee)さん。

  

シスターアラウンド

「ゾクゾクしすぎて脳裏に焼きつくサブリミナル」

 2016年10月30日、秋のM3で配布された2枚目のオリジナルアルバム。

 現在は廃盤となっており、4曲目の「アウトサイドプレイス」は「恋するシャングリラ」に、それ以外の曲は「メランルージュメロディ」に収録されている。

 1曲目の「クリスタルミサイル」はコナミアミューズメントのアーケードゲーム「SOUND VOLTEX IV(ボルテ)」に収録されている

 おそらく、最も流通数の少ない通常のアルバム。

 ジャケットを担当したのは古都星織さんで、このイラストはフーリン最初期に使用されていたものでもある。

  

ミスタープリンセス

「その願い事を私がもし叶えられるなら 震える手も 戸惑いも ドキドキに変えてみせるの」

 2017年4月30日、春のM3で配布された3枚目のオリジナルアルバム。

 フーリンキャットマークがアキシブ系同人サークルとして確立したアルバムでもある。

 ジャケットイラストは西ノ田さん。

 表題曲の「ミスタープリンセス」は Roger Nichols & The Small Circle of Friendsの「Love So Fine」がオマージュであると明言されている。

 また、5曲目の「港町レディ」はアーケードゲーム「SOUND VOLTEX V」に収録されている

 cute&cool珠玉のアキシブ系サウンド。

 オススメの曲は「アキシブターンアラウンド」「センチメンタル革命」

  

乙女はドッペルゲンガー

「女の子ならば誰もが夢見てることを すました顔でほら…乙女心はいつでもドッペルゲンガ!」

 2017年10月29日、秋のM3で配布された4枚目のオリジナルアルバム。

 テーマは表裏。今までの明るい曲とは対照的な暗い部分も織り交ぜた光も陰のある作品。

 ジャケットイラストは西ノ田さん。

 アルバム制作期間にボーカルの鳴紗さんが手術したこともあり、完成までに苦労したとか。

 オススメの曲は「レンタルシンデレラ」「ステイションラプソディ」

  

ストレイキャットガール

「今宵 プロムナード 主役になれ あなたと私」

 2018年4月29日、春のM3で配布された5枚目のオリジナルアルバム

 今回はボーカルの鳴紗さんのソロアルバムとなっており、6枚目のアルバム「恋するシャングリラ」と同時に配布された。

 イラストは西ノ田さんで、ジャケットの女の子はフーリンキャットマークの看板(ロゴ)となった。

 2020年現在、サブスクリプションにて視聴することのできるアルバムであり、フーリンキャットマークを聴き始めるのに最適なアルバムと言える。

 オススメの曲は「ストレイキャットガール」「カフェ・モンシェリー」

  

恋するシャングリラ

「どんな映画もトレンディドラマもまるで茶番に見えるくらい…」

 2018年4月29日、春のM3で配布された6枚目のオリジナルアルバム

 今回はボーカルの天川かぐさんのソロアルバムとなっており、5枚目のアルバム「ストレイキャットガール」と同時に配布された。

 ジャケットイラストはきのえさんで、アルバムのテーマはサーカス。

 6曲目の「カナーティア」は谷高マークさんが人生で最初に作曲した曲で、2曲目の「雨のデルタライン」7曲目の「アウトサイドプレイス」は廃盤となったアルバムの人気曲が収録されている。

 オススメの曲は「雨のデルタライン」「アウトサイドプレイス」

 

ルチア

「今夜だけは私にきらめく奇跡を…」

 2018年10月28日、秋のM3で配布された7枚目のオリジナルアルバム。

 本譜は世界観を一新した意欲的な作品。

 コンセプトはイタリアのシチリアあたりの島からスカウトされてパリにバレエ留学したルチアと言う少女。

 ジャケットイラストを担当したのはnajucoさん。

 オススメの曲は「ルチア」「カロナコード」

    

コンペイトウ

「あなたを想う程涙する コンペイトウただ愛しくて」

 2019年4月28日、春のM3で配布された8枚目のオリジナルアルバム

 今回のテーマは和。

 イラストを担当しているのはきのえさん。

 オススメの曲は「ユメミルオシャレタウン」「大都会テレフォーン」

  

デリケートベリキュート

「可愛いって魔法だね」

 2019年10月29日、秋のM3で配布された9枚目のオリジナルアルバム

 表題曲の「デリケートベリキュート」は今まで楽曲が元ネタとなっている

 ジャケットイラストを担当しているのは佐藤おどりさん。

 このアルバムはサブスクリプションで全曲視聴することができる。

 オススメの曲は「デリケートベリキュート」「メロディック・ラヴ」

  

よこぬまくん

「ねえ よこぬまくんならこんな時どうする? 流れ星に乗ってtonight 約束は今果たされたよ。」

 2020年春のM3で配布された10枚目のオリジナルアルバム

 今回はゲストボーカルとして森羅万象のあよさんが参加している。

 テーマはSF。

 表題のよこぬまくんは作詞作曲である谷高マークさんの高校時代の同級生がモデルになっている。

 オススメの曲は「遥かなるボーイフレンド」「Twinkle radio」

  

おわりに

   

 最初に聴くアルバムは「ストレイキャットガール」「よこぬまくん」あたりがオススメ。

 集める気があるなら古い方から買っていくのがベターかな(廃盤になる可能性があるので)。

 サブスクリプションでは2020年8月現在、2種類のアルバムが公開されています。

 また、限定楽曲も公開されています。

  

 とにかくオススメです!

 そして、フーリンキャットマークさん。これからも応援しているぜ(๑•ω•́ฅ✧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー