9月15日くらいまで不在です

WordPressに目次を追加する方法 おすすめプラグイン TOC+の入れ方


どうも! 興味本位で買った刺身こんにゃくの不味さに悲しみを覚えた男、ニコアちゃんです。

今回は誰でも簡単に目次を挿入することのできるWordPressのプラグイン「Table of Contents Plus」、通称「TOC+」の紹介と導入方法を書いていきたいと思う。

Table of Contents Plus(目次を作るワードプレスプラグイン)

スポンサーリンク

プラグインを導入するとこうなる


Table of Contents Plusを導入すると、上の画像のように目次を追加することができるぞ!

キミが望んでいたのはこういう目次だったかい?

ちなみに、目次の左横に数字を入れることも可能だよ。あと、閉じた状態にしたり、開いた状態することもできる。

今回はプラグインの検索

導入前の手順は上の画像の通り。

まずはWordPressを開いて、次にプラグインの項目を選択する。そして次にキーワードで「TOC Plus」と入力する。


「Table of Contents Plus」って入力しても出てこない(僕は出てこなかった)ので、「TOC plus」で探そうね。

プラグインが見つかったらあとは「今すぐインストール」を押してプラグインを有効化させるだけで導入は完了。

TOC+(Table of Contents Plus)の設定方法を軽く紹介


TOC+の設定はワードプレス設定欄の「設定」→「TOC+」から設定することができる。


一番初めに目につく設定画面がこんな感じ。基本的には上の画像と同じ感じでOK。

見出しの数が3個ある場合に目次が出現する設定になっているけど、2個や4個以上でも設定を変えれば目次を表示させることが可能。……なんだけど、僕は3個がちょうどいいと思うな。2個だと目次が邪魔になるし、4個以上だと「目次が欲しい」って思うことが多かったからね。


「目次の上にタイトルを表示」にはチェックを付けておくことをオススメする。

タイトルや目次のテキストはお好みでどうぞ。僕は「記事内の目次」「目次を開く」「目次を閉じる」って書いておいた。「コンテンツ」「表示」「非表示」みたいな書きかただと堅苦しいと思うから、分かりやすくて軽い感じの言葉にしておいた方がいいと思うよ。

で、「最初は目次を非表示」の項目なんだけど、これにチャックを付けるかどうかは悩みどころ。

僕は邪魔だったから非表示にする設定にしたけど、非表示だとユーザーが気づかない可能性があるからね……。う~ん。まあ、なんとな~く直感で選んでいいと思うよ。邪魔だと思ったら非表示にすればいいだけだし、見てもらいたいと思ったら表示すればいいだけだしね。

さっきと同じ画像(画像を二分するのがめんどくさかった。ゴメン)

「階層表示」は下に書いたリストみたいな感じの設定ね。ちなみに、下に書いたリストはTOC+の機能とは関係ないです(リストの機能はワードプレスのデフォルト設定に入っていたと思う)。


階層表示なしver

  • リストで代用表示
  • 縦に並べられるだけのシンプルなスタイル

階層表示有りver

  • 階層表示有りは親と子が分かりやすくなるスタイル
    • 分かりやすいので、この設定がオススメ

階層表示はh2タグ、h3タグ、h4タグで分けられるから、見出しはしっかりと設定しておこう。


次。

「番号振り」ってのは目次に数字を付けられるスタイルのことね。

  • 番号振りなしはこういう感じ。
  1. 番号振りありはこんな感じね。

普通は「数字が振ってある方がいいじゃん!」って思うかもしれないけど、数字が付いてると鬱陶しく感じることもあったりする。あと、10を超えると番号のデザインが崩れて美しくないんだよね。

まあ、これもキミのお好みの設定で良いと思うよ。

……。

そんなところかな。

あ~あと、色の設定とスタイルの設定もできたっけか。

ただまあ、これは紹介しなくてもいいかな。画像でわかりやすく表示されてるからね。

色設定とスタイルは設定の一番下の方にあるみたいだから、色やスタイルを変えたい人は自分に合った最強のスタイルを見つけ出しておくれ。


ちなみに僕はTOC+をアンインストールしている。……鬱陶しかったんだよね、目次がさ。

0 コメント(上から新着順)
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る