本ブログは広告を含みます。キンドルで自作無料ラノベ

目次の上に広告、アフィリエイトを表示させるPHPのコードと導入方法 TOC+推奨


今回はWordPressのfunctions.phpに追加しているオススメのコードを紹介します。

あとそれと、
僕の使ってるワードプレステーマはStork19なので、他のテーマの場合はもしかしたらエラーが出てしまうかもしれないです。


ちなみに、使っている目次プラグインはTable of Contents Plus、通称「TOC+」です。

今回紹介するPHPはh2見出しの上に表示されるものなので、TOC+じゃなくても使えるはずですけど、他のプラグインの場合はエラーが出てしまう可能性があるかもしれないです。

エラーが出たら素直にTOC+を使ってみてください。

目次の上にアフィリエイトを表示させるPHPのコードと導入方法

広告(Kindle Unlimited本)

目次の上にアフィリエイトを表示させるPHPは結構便利で、僕も前まで使ってました(今は目次プラグインが鬱陶しかったから外してる)。

目次はコードを入力するだけで表示されるようになるから楽でオススメです。

この記事を読めばたぶん誰でもできます。

コードは

// 目次アフィリエイト

function add_ad_before_h2_for_3times($the_content) {
$ad = <<< EOF

<div align="center">


「ここに広告を貼る(「」も含めてこの行は全部消す)」


</div>
<p style="text-align: center;">
	<span style="font-size:85%">スポンサーリンク</span></p>
EOF;

 if ( is_single() ) {
   $h2 = '/^.+?<\/h2>$/im';//
   if ( preg_match_all( $h2, $the_content, $h2s )) {
     if ( $h2s[0] ) {
       if ( $h2s[0][0] ) {//
         $the_content  = str_replace($h2s[0][0], $ad.$h2s[0][0], $the_content);
       }
     }
   }
 }
 return $the_content;
}
add_filter('the_content','add_ad_before_h2_for_3times');

って感じですね。

上記のコードは「誰かが作ったコード」を僕がほんの少しだけアレンジしたものなんですけど、元のコードを作った人のサイトを見つけることができなかったので、引用リンクを貼ることができなかったです😅 紹介してあげられなくてごめんなさい。

ちなみに、
コードを挿入する場所は「テーマファイルエディタ」の中にある「function.php」ですね

あと、
「入れるのは子テーマの中」です!

なので、間違えて親テーマの方に入れないように!!

テーマファイルエディタの位置

functions.phoの位置

functions.phpはテーマファイルエディタを開いたページの一番右側にあります。

恐らく「ない」なんてことはないと思いますけど、なければファイルマネージャーで子テーマの「functions.php」を作る必要があります(作り方は割愛)。

コードを導入した後のPCサイトの見え方はこんな感じ。

目次の下に広告を挿入することはできないのて、そこは少し残念ですね。

一応、目次の下に広告を置く方法もあるみたいですが、かなり複雑な手順を踏んだりしなければいけなかったので、僕は諦めました(下に広告を挿入することはできるにはできるんですけど、変なエラーが出ちゃうんですよね😅

スマホの見え方はこんな感じ。

広告→目次→見出しの順で表示されるので、ちょっとだけうざったいです。

「縦長の広告が表示されるような設定になってるとかなり最悪」なので、「縦長の広告を出さないように設定」しておくといいんじゃないかな~って思います。

縦長広告を出さないようにする方法は、広告のコードの

data-ad-format="auto"

って部分を

data-ad-format="rectangle"

あたりに変えておけばOKです👍

コメントをする(URLは不可).