WordPressでルビ・ふりがなを振る方法 プラグイン Simple Ruby


どうも!
初めて買ったゲームボーイアドバンスのソフトが「ポケットモンスター・ルビー」の男、ニコアちゃんです。

今回はWordPressにルビ(ふりがな)を振る方法や、プラグインの紹介をしていくよ。

フリガナを振るプラグイン「Simple Ruby」の使い方

スポンサーリンク

僕はSimple Rubyを使ってルビ(ふりがな)を挿入している。

使い方は凄く簡単で、漢字の後ろに《》で挟んだ文字を置くだけ

「文字 《もじ》」みたいな感じね(漢字のみに反応してルビが振られます)。上手くいくと、「文字もじ」のようにルビが振られます。

「約束された勝利の剣」とか「幻想殺し」みたいな言葉にルビを振りたい場合は、「|」をルビの振りたい言葉の前においてあげればOK。
これは「|約束された勝利の剣」「|幻想殺し」みたいな感じね。

上手くいくと、
約束された勝利の剣エクスカリバー」「幻想殺しイマジンブレーカー」のように、ルビが振られます。

この「Simple Ruby」というプラグインは「WordPressの公式からはインストールできない」ので、texstさんのサイトからダウンロードして、「ZIP形式で手動インストール」しましょう!

手動インストールの手順

・大事なこと

プラグイン作者のtexstさんが2022年の12月20日にサイトを閉じてしまうらしいので、プラグインが欲しい人は急いでゲットしよう!


設定はこんな感じで変えられます。

今のところ(WordPress Ver6.0でも)正常に動作しているからオススメできるけど、もしかしたら今後のWordPressアップデートで使えなくなっちゃうかもしれないです(たぶんシンプルな作りだから、よほどのことがない限り大丈夫だろうと思うけども)。

ルビ振りプラグイン「WP-Yomigana」の紹介

スポンサーリンク

引用:WP-Yomigana

Simple Rubyの代わりになりそうなプラグインのひとつがこの「WP-Yomigana」。

使い方は「上の画像やリンク先」を参考にしてもらえばいいと思います。

最終更新が2年前のプラグインだから「動作未確認」ってなってますけど、ver6.0までなら普通に動作します。

引用:WP-Yomigana

初期設定はWordPress→「設定」→「ルビ設定」→rubyタグのボタン「1行目に表示」でOK。

ルビ振りは「ルビを振りたい単語をドラッグ」して、「項目ルビを選択する」だけなので簡単です(上の画像みたいな感じでやればいいと思うよ)。

Htmlを使ってルビを振る方法(ワードプレス)


htmlでも一応ルビは振れる。

上の画像の順でコードエディターを開いて、「<ruby><rb>漢字</rb><rt>かんじ</rt></ruby>」みたいな感じにしてあげればOK。

でも、ちょっとこのやり方はめんどくさいから、あんまりオススメはできないかな。

ちなみに、「<ruby></ruby>」が全体対象の選択で、「<rb></rb>」が漢字選択で、「<rt></rt>」がルビ選択ね。

他にも記事を投稿しているので、興味のある人はどうぞ(どうでもいい記事も混ざってるけど)。

0 コメント(上から新着順)
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る