【JoyToKey】左手デバイスとしてジョイコンを使えるようになるまで


どうも! 液タブに液体が使われていると勘違いしていた男、ニコアちゃんです。

JoyToKeyに必要な金額は無料ですが、PCがBluetooth非対応でswitchが未所持の場合は8500円かかります。

ちなみに、スイッチの使えるボタン数は15個です。

買わなければいけないもの

スポンサーリンク

WindowsPC/ペンタブレット

このようなマークの付いたパソコン

ジョイコンを接続するにはJoyTokeyというソフトが必要になるので、windowsのPCが必須

IPadは使えないよ( ;∀;)(Macも今のところは対応していないなかったはず)。

また、当たり前のことだけど、ペンタブレットも必須だ。

ペンタブレットは板タブ、液タブ、どちらでも可能。

JoyToKeyはキーボードとソフトに依存するので、ペンタブレットはWacom製品でなくとも使うことができるぞ。

ジョイコン(左のみ)

右でも可能

ジョイコンはMy Nintendo Store(マイニンテンドーストア)で購入することが可能なんだけど、結構値段がする。

ジョイコンの値段は片方で4500円。両方買うと8200円ね。

正直言ってスイッチを買った方がお得だから、スイッチを持ってない人はスイッチを買おう!

ジョイコンだけを買うのはかなり勿体ないと思うな。

ジョイコンの充電器

switch本体でも充電は可能

これ! ジョイコンの充電器!

これがないとジョイコンを充電できないから、絶対に必須だよ(スイッチを持っているなら購入しなくてもOK)。

価格はAmazonで2500円。ニンテンドーストアでは2800円ね。

Bluetooth


Bluetoothはだいたいのパソコンに搭載されているから大丈夫だと思うけど、僕のパソコンはBTO(自作パソコン)だったせいでBluetoothが搭載されていなかった。

これもジョイコンを接続するために使うので、必須


上の画像にあるボタンがない場合はBluetooth非対応PCね

ボタンがあればボタンをオンにしておいてね☆

上の画像への行き方は、PC画面左下のウィンドウズマーク→設定(歯車のマーク)→デバイスを選択することでたどり着ける。

非対応PCの場合はAmazonでBluetoothのUSBを購入して、Bluetoothを導入しよう!

僕はこれを購入した。値段はだいたい1000円くらいだったと思う。

JoyToKeyをダウンロードする

スポンサーリンク

https://joytokey.net/ja/

上記のリンク(JoyToKey公式サイト)でJoyYoKeyのソフトをダウンロードしよう!

ライセンスキーが存在するけど、値段は無料だよ(気に入った人がお金を払うシステム)。

JoyToKey (Joy2Key) は、ジョイスティックの入力をキーボードやマウスの入力に変換し、さまざまなアプリケーションを操作できるようにするユーティリティソフトです。

出典:JoyTokey

インターネットに弱い人は間違えて変なソフトをダウンロードする恐れがあるので、公式サイトでオススメされているVectorや窓の杜でダウンロードするよりも、joytokey.netからダウンロードする方が安全なんじゃないかなって僕は思う。

ダウンロードが完了したらソフトをインストールをして、JoyToKeyを開こうね!

ジョイコンを接続する



ジョイコンの右側にある中央のボタンを押して、接続する。




上の画像にあるボタンを押すとジョイコンが光るぞ!

次に、

PCの「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」のボタンを押して、項目「Bluetooth」を押す。



そして



この画像になればジョイコンとPCが接続された状態になる。

接続された後はjoytokeyを起動して、起動ボタン以外の何かしらのジョイコンボタンを押そう。

ボタンを押せば、それに対応した項目が黄色くなるはずだぞ☆


上の画像の黄色く光る部分が対応したボタンになるので、その部分(僕の場合は「Button 4 None」)をダブルクリックして、お好みのショートカットでカスタマイズしよう。

Ctrl + A のショートカットをしたい場合は、Ctrlを先に入力すればOK(上から順に出力されるため)。



また、ファイル→設定ファイルの新規作成から複数のセットを作ることが可能だ。


これで「SAI」「CLIP STUDIO」「Photoshop」ごとに設定することができる。


作った項目をクリックして選択した状態になっていれば、ショートカットはその項目と連携しているはずなので、確認してみてね☆