TATEditor(無料の小説縦書きエディタ)の文字数とか原稿用紙のおすすめ設定


ちょっと画像が大きかったかも。

ごめん。

スポンサーリンク

TATEditorとは?

TATEdutirとは シンプルな執筆ツール

引用:TATEditor

ソフト・アプリの製作者は環状の時計さん。

料金は無料。規約は必読。

windowsのソフトだが、iosアプリとAndroidのアプリもある

個人的にTateditorは、フリーソフトとは思えないほどに高いクオリティであると思う。

保存形式はwindows標準のメモ帳で、簡単にバックアップが撮れるのも◎。

縦書きってのが良いよね。最高。

全体図

設定完了時の全体図はこんな感じ。

見にくいと思うから下に拡大した画像を置いた。

画像は自作のノベル。

ルビ打ちが可能

TATEditorはルビを付けることが可能

≪≫ の中に文字を入れるとルビが横に付く。

漢字以外(ひらがなやカタカナ)も、『|』を挟むことでルビ付けをすることができる。

右下にある数字はページ数

右下にある数字はページに換算した時の枚数

これが見れるか見れないかで、やる気も効率も変わってくると思う。

ちなみに、今書いてるノベルはずっと100ページ前後から動いていない(サボりすぎ)。

左下の大きな数字は文字数

左下の数字は今まで書いた文字数だ。

ライターは字数で料金が決まる仕事が結構あるので、これが見えると便利。

ちなみに、ルビもこの字数に含まれている

マジでこのノベル完成させないとな(無限に言ってる)。

TATEditorのおすすめ設定

表示設定はこんな感じでいいと思う

表示設定はデフォルトのままだったと思う。

もしかしたらカスタマイズしているかもしれないので、設定するときは上の画像と見比べてみてね☆

17×42は文庫本と同じ字数

行数字数は送りたい公募と同じものにすればいいと思う(17×42は電撃文庫と同じだったはず)。

特にこだわりがないのなら上の画像と同じで良いよ。

ちなみに、使用しているフォントは源暎こぶり明朝


このページでフォントを紹介しているので、興味がある人はダウンロードしてみてね☆

ちなみに、料金は無料

Glyph

ここの設定はデフォルトのままだったかも。

上の画像ページには表示→設定オプションから行くことが出来る。

Page

ページ表示はデフォルトじゃなくて、設定をいじっていたはず。

結構重要な設定なので、ちゃんと忘れずに入力しよう。

このページと下の画像のページを直すと見栄えが良くなった思い出。

Text

行を折り返すはチェックした方がいいんじゃないかな。

見やすさが全然違うよ。

PDFにして本にする方法

PDF出力

ファイルのPDF出力・印刷をクリックするとPDFファイルになって書いた文章をダウンロードすることが出来る。

それを開くと、以下の画像のようになる。

完成したPDF

赤の線(ページ表示)をクリックすると左右2ページで表示できるようになる。

青の線は横幅。たぶん最初は拡大されているので、これを押すと見やすくなると思う。

緑の丸はページ数。これ、本当に本みたいだよね。

…………。

……。

そんな感じかな。

僕はこのソフトを使ってノベルを書いているので、販売したら買ってね☆

ちなみに、書くと言ってから2年くらい完成していない(マジで書くよ。書くからさ……)。

コメントは承認制です

CAPTCHA