イラストを描くのに使ってるアナログやデジタル道具の紹介。あとオススメとか色々


どうも!
まとめ買いしたMONO消しゴムの使い道に困ってる成人男性のニコアちゃんです。

質問箱に「使っている絵の道具は何?」という質問が来ていたので、
今回はそれについて軽く答えていきたいな~って思います。

…………。
……。

けどまあ、
僕はイラストレーターでもなんでもないんだけどね😅

基本的に素人の意見だと思ってくれると助かるよ。

使ってるアナログイラストの道具、オススメとか

スポンサーリンク

三菱鉛筆 鉛筆 ユニ 2B


基本的にアナログでイラストを描くときは
三菱鉛筆のユニを使ってます。

濃さは「2B」か「B」あたりがオススメ。

ユニはユニスター、ユニ、ハイユニと3種類あるんですけど、
ユニが一番コスパがいいと僕は思います。

ホントに一番描きやすいのはハイユニなんですけど、
アレはちょっとだけ高いからね😅

貧乏性の僕はユニを使ってます。

でも、
「常に鉛筆の芯を尖らせていたい!」と思っているような人でなければそこまで大量に消費することはないと思うので、
お金に余裕がある人はハイユニを買ってもいいんじゃないかな。

鉛筆を1ダース消費するのって普通の人なら1年以上はかかると思うので、
ユニを買うかハイユニを買うかはお財布と相談って感じ。

まあ、ユニでも全然描き心地良いんですけどね。

三菱 硬質色鉛筆 7700


今時「色えんぴつなんて使うか?」って聞かれたら、
普通の人は「使わない」って返すと思います。

僕も最近はほとんど使ってないんですけど、
水色や赤色があると影やハイライトを描けるようになるので、
絵の幅が広がると思います。

──ちなみに、
三菱7700は2021年の6月末に生産終了しています

代用品は三菱880になると思うんですけど、
僕は一度も使ったことがないからなんとも言えないかも
(悪くはないと思う)。

中島重久堂 鉛筆削り №531S


これはマジでオススメ

「鉛筆削り界の頂点に立つ鉛筆削り」だと個人的に思いてます。

ポケットタイプの鉛筆削りとしてはまあまあ高い値段なんですけど、
切れ味がかなりいいから最高!

値段分の価値は「絶対にあります。

それと、
この鉛筆削りは日本製の商品なので、購入すると日本経済が回ります。

回していけ、日本の経済を……。

ステッドラー ディズニー シャーペン 0.5mm ミッキー 限定品 


ステッドラーのシャーペンは重さが好き。

描き心地もまあまあいいかな~って思います。

──でも、
このモデルはプレミアが付いちゃってるんだよね(再販もないし😓)。

普通のモデルは1500円あれば買えると思うので、
興味がある人はそちらをどうぞ~。

ユニ替芯Hi-uni 0.5m/m芯【B】 HU05300-B


シャー芯はステッドラーじゃなくて三菱の奴を使ってます。

結構値段で描き心地が変わるので、
試しに一度は使ってもらいたいな~って思います。

──あんまり店舗で見かけない奴なんだけどね😅

コピー用紙

スポンサーリンク

紙はコピー用紙を使ってます。

昔よく使っていたオススメの紙は
wattsっていう100均のコピー用紙だったんですけど、
最近は使ってないからなんとも言えないです
(品質が変わってないならこれが一番オススメ)。

僕は「ぺらっぺらの紙」の方が描きやすいと思ってるので、
あんまり上質な紙は買わない方が良いんじゃないかな~って思います。

湿度で描き心地がかなり変わるので、
買うなら50枚とか100枚入りの奴がオススメ。

使ってるデジタルイラストの道具、オススメとか

スポンサーリンク

PC


デジタルイラストを描くならパソコンが必須。

ちなみに僕のパソコンスペックはコレです。

基本的にSSDが入っていて、
8G程度のメモリがあれば余裕で描けると思います。

「CPUはi5以上が良い」
──ってよく言われているんですけど、実際のところは謎。

でもまあ、
「i5あればだいたいなんでもできる」ので、買うならi5以上がオススメ

ノートパソコンは熱が凄いので、スペックが高くてもオススメできないです
(ノートを買うならiPadを買った方が良いんじゃないかな)。

パソコンを買うならツクモかパソコン工房あたりがオススメ。

Wacom Cintiq 13 pro


液タブ!(リンクは新型)。

僕が使っているCintiq13pro(廃盤)は結構いいモデルなんですけど、
ちょっとだけコードが邪魔なんだよね😅

そんなコードの問題をこのモデルは解決しているので、
このモデルはかなり素晴らしい商品だと思います。

値段も僕が昔買ったときより3万以上安くなってるしね!
最高だね!

いや~。
いい時代になったねぇ。

Wacom Intuos5


これも廃盤(リンクは新型)。

板タブは液タブに変えてから使ってないんですけど、
プロでも板タブを使ってる人はまあまあいるみたいので、
試しに買ってみるのもいいんじゃないかな~って思います。

僕も昔使ってたんですけど、
使っていて困ったことは特になかったかな。

描き心地が悪いときは
コピー用紙をマスキングテープで貼って使ってました。

手で絵が隠れなかったり、画面を遠くから見て描けたりするので、
そこは板タブのメリットですね。

JoyToKeyと任天堂Switchのジョイコン


JoyToKeyは別ページでもまとめてますが、かなり便利です。

ただ、
SAIやクリスタでは普通に使えるけど、
フォトショだとちょっと使いにくいかな~って感じたかもしれない。

Ctrlキーのあるショートカットだと
遅延(?)みたいなのが起こるんだよね😅

ちょっと相性の問題はあるけど、
スイッチとPCがあればすぐに始められるのでオススメです。

お金もほとんどかかりません。

CLIP STUDIO

CLIP STUDIO」は、PAINTをはじめとするCLIP STUDIOシリーズソフトウェア付属のポータルアプリケーションです。

引用:CLIP STUDIO

最近はクリスタを使って絵を描くことが多くなりました。

文字を挿入することが可能なのでサムネを作るのにも向いてます
ブラシなどの素材を簡単に入手できるのも強いね。

ライセンスも永久なので、とりあえず
「買っておいて損はないんじゃないかな~」って思います。

月額払いのデメリットも全く無いから、
学生とかには月額払いがオススメ。

500〜1000円程度で始められるよ!

ただ、
ちょっとだけSAIと比べると反応速度が悪いかな。

まあ、過敏な人じゃなきゃ気にならないレベルだと思うけど。

SAI2

「ペイントツールSAI」は気軽に気持ちよく絵が描けることを目指して開発されたペイントツールです。タブレットによるタッチのダイレクト感、描画の美しさ、操作性の簡便さ等、快適に絵を描くための性能を追求しました。

引用:SYSTEMAX

今でもまあまあ使うけど、
SAIはかなり良いツールだと思います。

それと、SAIの後継機である
SAI2はSAIのアカウントを持っている人なら誰でも使うことができるツールで、
SAI2はSAIよりもなんかしっかり描ける気がします(個人的には)。

なので、
SAIを今から始めるつもりなら、
SAI2から始めてもいいんじゃないかな~って僕は思います。

値段もまあまあ格安で、
だいたい6000円くらい(?)だったはず。

・ちょっと悪い部分。

デメリットは反応速度と感度が良すぎること

それと、
SAIは完全に絵を描くだけのツールだから、図形を作ったりするのが難しいんだよね。

色々やるつもりなら
クリスタやフォトショの方が便利なんじゃないかなーって思います。

Photoshop

Adobe Photoshopを使うと、思い描くままに写真の加工・色の調整をしたり、デザインを作ったり、こだわりの画像を作ることができます。「そう、こんなのが作りたかった」を叶えるツールです。

引用:Adobe

イラストと言えばこのツールを思い浮かべる人が多いんじゃないかな。

「Photoshopを使わないとやりにくい加工」とかもそこそこあるので、
本気で絵師を目指すのなら必須のツールだと僕は思います。

──けど、
やっぱりこれにもデメリットもあってね。

・ちょっと悪い点。

まず、月額費ですが、
だいたい1000円くらいかかります(高すぎ)。

それと、
フォトショはかなりPCのスペックを要求するので、安いPCだと動きません。

──なので、
Photoshopは初心者向けのツールではないかな~ってのが僕の感想。

「マジで絵で生きていく!」
って人なら始めていいかもしれないね。

……いや、
逆に難しいツールだからこそ、
早いうちに始めるべきなのか?

おわり

スポンサーリンク

こんなところかな。
なんか、思ったより簡易なものになってしまったね😅

あとそれと、
結局のところ道具ってのは相性なので、
本当に自分に合う道具は自分で見つけるしかないんだよね(投げやり)。

──なので、
みなさんも自分に合った道具を見つけてみてください。