LINEスタンプを作るのは簡単!? 作り方と販売方法。オススメはPCとクリスタ


どうも、ニコアです。

先日LINEスタンプを作ったので、作り方と販売方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

LINEスタンプ制作のおおまかな流れ

 スタンプの画像を用意する。

引用:LINE Creators Market


スタンプの画像サイズは上記の通りで、画像は透過されたPNGである必要があります

また、画像には前後左右10pxほどの余白が必要です。

©Lumina Glass


この「BOXティッシュ!」というスタンプはニコアくんが作ったものですが、こういうスタンプはよくないです

理由としては背景がダークモード(暗い背景)である場合「BOXティッシュ!」という文字がまったく見えなくなってしまうからです。文字を挿入する場合は必ず、フチどりをしましょう!

また、白色もしっかりと塗る必要があります

上記の画像が全く色の塗られていないものだった場合でかつ、ダークモードであった場合、この画像は真っ暗で何も見えない画像となります。気をつけましょう。

スタンプの画像はPhoto ShopやClip Studio Paintといったソフトで制作するのが良いと思います。

Clip Studio PaintはPCソフト以外にもアプリがあります。また、無料期間も3か月ほどあるのでオススメ。


「Clip Studio Paint」の他にも「LINE Creators Studio」という写真を撮影するだけでスタンプを作れるアプリもあります。

絵を全く描けない人でも簡単にスタンプを作ることができるので、場合によってはオススメ(LINE Creators Studioで作られたスタンプで分配金を得ることはできません)。


 「LINE Creators Market」で販売する。


ここからは販売までの流れです。

まず、「LINE Creators Market」に登録。登録するにはLINEのアカウントが必要です。

LINEのアカウントはどのアカウントでも問題は無く、スタンプ販売後に自分以外の人物に通知が行くことはないです

ログイン出来たらさっそくアカウント設定をしましょう。この段階で送金先の設定をする必要はないです。

設定が終わったら左上にある「新規登録」からスタンプを登録をします。

今回はスタンプの登録が目的なので項目は「スタンプ」を選択。

引用:LINE Creators Market


 スタンプタイプは「スタンプ」か「カスタムスタンプ」を選択しましょう。

スタンプ」は最もポピュラーなスタンプで国内外両方で販売することができます。

販売価格は最低120円。

タイトル(English)は必須です(この項目にはアルファベットしか使えません)。
言語の追加も忘れずにしましょう。特に日本語の追加を忘れないように!


 「カスタムスタンプ」は文字を自由に選べるアレです。

最低販売価格は250円。

カスタムスタンプを選択した場合は日本のみ、あるいは台湾、マカオ、香港のみ、あるいはタイのみで販売することができます。

引用:LINE Creators Market


文字を挿入するだけなので通常のスタンプとそれほど変わらない労力で作ることができます。




……そんな感じかな。

ニコアくんのスタンプ、販売してます!


衝撃!
ニコアのスタンプ、販売開始!


上記の画像からショップに飛ぶことができるぞ!

ちなみに1個売れると31円儲かります
全然儲からねー!

昔は儲かったみたいですが、最近はLINEスタンププレミアムがあるせいで全くと言っていいほど儲からなさそうですね☆

まあ? この記事を読んでくれる人が全員買ってくれれば? 儲かるかも?

……ってなわけで、
買ってくれぇええッッ!

ただ、スタンプの文字がダークモードだと見えないので、そこのところ注意してね!

クレームはやめてくれよな☆

コメントは承認制です

CAPTCHA