httpからhttpsにする方法とSSL化。ワードプレスでブログを始める方法


放置してたホームページを作ろうと思って情報収集してたんだけどさ、ネットの情報があまりにも見にくすぎて凄く困っちゃったんだよね😅

SEO狙いのスカスカな記事が邪魔すぎる。

だから僕がまとめるわ(たぶん世界で一番わかりやすいと思う)。

このページを見ればwordpressの最初からSSL化まで全部解決だ。よかったな! 僕に感謝しろよ☆

記事内の画像出典はWordPress、エックスサーバー。

スポンサーリンク

エックスサーバーでワードプレスを始める前準備

エックスサーバーと契約する(有料)

エックスサーバー株式会社は、大阪府大阪市北区に本社を持つ、インターネット関連サービス事業などを行う企業である。

引用:Wikipedia

まず、エックスサーバーと契約する必要がある(有料)。……というかエックスサーバーの記事だから、これ😅

契約してない人は契約したらここに戻っておいで。

プランは「ブログを10個運営する!」とかでもない限り、スタンダードのプランで十分だ。

無料でブログをやりたい人はnoteをやりな。ホムペならWixとかがいいと思うよ。

エックスドメインでドメインを取得する


ドメインはエックスサーバーのオマケで貰えたと思うけど、他に欲しいドメインがあるならエックスドメインで取得するのがオススメ

ロリポップとかドメインなんちゃら~みたいなところで契約してもいいけど、移行がちょっとだけ面倒だ。まあ、別にどこでもいいんだけどさ。利便性を考えるとエックスドメインがいいと思うよ

取得するなら「.com」か「.jp」がオススメ

でもまあこれも、ドメインでseo(ブログの格みたいなもの)の優劣が決まるわけではないので、こだわりが無いなら何でもいい(co.jpなどの例外はあるが、一般人には関係ない)。

中古ドメイン(もともとseoの強いドメイン)とかもあるけど、アレは邪道。普通の人はやめたほうがいい。

エックスドメインとエックスサーバーを連携させる


ドメインとサーバーを手に入れたら、それを連携させる必要がある。

流れは、トップ→サーバー管理→サーバーパネル(ドメイン設定)→ドメイン設定追加って感じ。

サーバー管理
ドメイン設定
買ったドメインを記入

確認画面に進んで決定していけば完了。

Whoisを非表示にする

Whoisとは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。

引用:JPRS

たしか初期の時点ではWhoisは表示状態になっていたはず……。

コイツはマジで非表示にしておいた方がいい(Whois検索で住所が割れるぞ!)。

流れは、トップ→ドメイン(キミのドメイン.com)→登録者情報(設定変更)→Whois登録者情報非表示設定(有効)って感じね。

キミのドメイン
登録者情報
「登録名を表示しない」ってなってたらOK

画像はちょっと端折ってるけど、流石に分かるよな? このくらいは頑張ってくれ。

ついでに適応先ドメインサーバーがエックスサーバーになっているかも確認しておいてね(同ページ)。

一応この状態になってるか確認

エックスサーバーでWord Pressをダウンロードする


ドメインとサーバーの連結が出来たら次はWordPressをダウンロードする。

流れは、トップ→サーバー管理→サーバーパネル(WordPress簡単インストール)→ドメイン選択画面(選択する)→WordPressをインストールだ。

サーバー管理
WordPress簡単インストール(赤線の下)
ユーザー名は英数字限定

項目に入力する文字は好きな言葉で良い(なんでもいいけど、分かりやすい言葉にしておいた方がいいよ)。その他の項目はデフォルトのままでOK

で、インストールが終了したら管理画面URL(http://luminaglass.jp/ほにゃらら)をクリックする。

……ほにゃららの部分は今後、管理フレーズと呼ぶ(この後何回か出てくるぞ☆)。

キミのURL

管理画面URLをクリックするとwordpressの管理画面に行けるはずだ。

そして、この管理画面URLは忘れないようにメモっておくこと(ブックマークもしときな)。

httpからhttpsにする方法(エックスサーバー)


まず始めに、SSLに申し込みをする必要がある。

流れは、エックスサーバートップ→サーバー管理→SSL設定→選択する→独自SSLの追加

サーバー管理
SSL設定ってとこね
最終的にこうなればOK

設定を確定して反映の確認が出来たら次はwordpressに移動する

httpからhttpsにする流れは、wordpressトップ→設定→一般設定

一般をクリック
真似してみてね

上の画像のページでurlをhttpsに変える

重要なのはWordPress アドレス (URL)をいじらないことだ(httpをhttpsにするのはOK)。

WordPressアドレスを変更するとめちゃくちゃめんどくさいことになるので、絶対に間違えないように!(やり直すなら再インストールする方が早いし楽だよ)。

あと、間違えてluminaglass.jpと打たないように。それは僕のURLだ。

そして、終わったらここからがちょっと面倒。

エックスサーバートップ→ファイル管理→キミのドメイン(??.com)→public_html→管理URL(キミが選んだURL)→index.phpをコピー

今度は左のファイル管理
indexを選択して、public_htmlにコピーする

public_htmlの中にある管理フレーズ(自分で選んだ英数字のフォルダ)の中からindex.phpを選択してコピーする。

index.phpのコピー先はpublic_htmlだ。

下の画像は例。

public_htmlが選択された状態で変更を押す(logは関係ない)

……で、コピーが完了したらコピー先のindex.phpを開いて、ページの一番下部にあるコードを書き換える

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require __DIR__ . '/wp-blog-header.php';

から

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require( dirname( __FILE__ ) . '/管理フレーズ/wp-blog-header.php' );

に変更ね。

……「管理フレーズ」を忘れてる人はwordpressのurlからでも確認できる。

この塗りつぶされてる英数字が管理フレーズだ(他の部分はいらん)

ちなみに、このindex.phpのコードは僕の調べた限り全てのサイトが間違っていた。ありえない(僕がいじくって発見したからこのコードも正確ではないかもしれんが、これじゃなきゃ動かなかった)。

いらん

それと、public_html内にあるindex.htmlは邪魔になるので、消去しておこう。

コイツを消さないと動かなかったはず。

で、次は常時SSL化だ

ワードプレスを常時SSL化させる方法


改変したindex.phpと同じpublic_html内にある.htaccess

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

を挿入する。

挿入する場所は#end wordpressの上とかで良いと思う。

こんな感じになってればOK

これで常時SSL化は完了

自分のurlをhttp://の状態で検索して、https://のページが表示されれば完成。

僕のやつはこうなった

成功したら上のようなページが表示されるはず(テーマは違う奴かもしれないけど、とりあえずエラーページじゃなければOK)。

…………。

……。

あとはもうキミだけでできると思うけど、一応次回も予定している。

次回の内容は、ワードプレスの初期設定と導入するプラグインやテーマについての紹介だ。

記事ができたらリンク貼るね☆

1件のコメント

コメントは承認制です

CAPTCHA