下の奥歯、親知らずを病院で抜歯した話。痛みとか血の汚れとか、値段とか色々


今回は下の親知らず、左右の抜歯について軽くまとめていきたいと思う。

一応、上の歯も20歳の時に抜歯したのだが、上の抜歯についてはほとんど語ることが無い。

そのくらい上の抜歯は簡単だ。

…………。

……だけど、下の歯は違った。

いやマジで、ホントに結構大変だったのよ😅

覚悟しておけ!

抜歯(ばっし)とは、歯を抜く行為のことである。狭義には、歯科医師、医師が人為的に患者の口腔内から歯を抜く医療行為を指す。

出典:Wikipedia

ちなみに、抜歯に掛かった総額は15000円

スケジュールは下の方に書いてあるけど、全部終わるまでにだいたい一か月くらいかかった。

顔もかなり腫れて、げっ歯類みたいな顔になるよ。

ビーバー!

スポンサーリンク

事前の注意


抜歯前に飯を食べておく

抜歯後はご飯とか食べられないからね。痛くて( ̄▽ ̄;)

抜歯の日は仕事を休んだ方がいい

結構だるい。頭痛くなってくる

抜歯した日の布団は血まみれになるから、マスクとかで対策をしておく。

僕はやらかした。洗濯がすごく大変なので対策は重要。

歯医者へ


※下の親知らずを抜歯することだけが目的の場合は病院に行った方がいいかもしれない。

結局僕も病院で抜歯することになったから、病院が近い人はわざわざ歯医者に行かなくてもいいかも。下の歯って個人の歯科じゃ治療できないことが多いんだよね……。

ただまあ、虫歯とかがあるかもしれないから、とりあえず歯医者に行くってのがベターなのかな。やっぱり。

初日


下の親知らずが気になったので歯医者に向かった。

必要なものは「健康保険証」と金(5000円あれば十分)。

保険証を持っていない場合は、社会保険証なら会社に、国民健康保険なら市役所に行けば発行してもらえる。

ペラい紙で紛失することも多いので結構簡単に再発行できる(僕もなくした)。

最初の歯医者


その日は予約をしていなかったので1時間くらい待たされた覚えがある。

行く前に電話で予約することをオススメする

電話せずに向かうと嫌な顔をされるよ、ぴえん🥺

そして、己の番が来たらレントゲンを撮られることになるだろう。


あー、インターネットに顔晒しちゃった。恥ずかしい(/ω\)

抜くのは上記画像、赤い丸に囲われた歯。

よく見なくても『奥歯が横になってる!』というのが分かるだろう。

こういうふうな歯になっている場合は、歯科で抜くよりも病院で抜いたほうがリスクが低いらしい。

だから後日、総合病院で抜歯することになった。なんか神経が近いから危ないらしい😅


初日にかかった時間は待ち時間を含めて一時間程度。

費用は3100円(内訳、初診1840円+レントゲン1260円の3100円(3割負担))。

下の親知らずを抜くために市民病院へと向かう


抜歯前に飯を食っておけ! 歯が痛くて食えなくなるぞ!


朝9時30分。市民病院。

受付では30分くらいは待たされると思う。分からん。全知全能の神ではないからわからん。

だが、予約した時間とか関係なしに待たされるので30分くらい早く到着してもいいんじゃないかな~と思う。

とにかく待ち時間が長い。それが病院だ。

…………。

……。

時間が来たら案内表とかいう謎の紙をエントラスで渡されて、歯科口腔科とかいう場所に向かった。

そして、再びレントゲン撮影。

…………。

……正直言って歯科がデータで送信してくれればこのレントゲン必要ないんじゃないかなーって思った。

なぜ二度もレントゲンを撮られなきゃならんのだ。ほぼ同じ機械だったし……。

まあ、文句言っても仕方ないけどサ。

それからレントゲンを撮った後は再び歯科口腔科へと向かい、同意書を書かされる。


同意書には大体、しょ~もないことしか書いてなかかったが、たぶんこれが一番重要なんじゃないかなと思う。


低いようで高い神経麻痺のリスク

これを知ったからなんだ、と言うのはやめろ!

ただ、0.2%の確率で起こる永久麻痺が嫌ならここで退場しよう。

覚悟のある奴だけが歯を抜けるのだ。

抜く


まず、抜歯には二種類の方法があるらしい。

ひとつは入院

入院した場合は全身麻酔をし、眠った状態で両方の歯を抜く。

メリット手術中に痛みを感じないこと。

デメリットは抜歯後に両方の痛みと腫れが同時に来ることと、こっちの方がリスクが高いということだ。

……あとは入院しなきゃいけないってこと自体が問題かな。

もうひとつは通院(僕はこちらを選んだよ☆)。

通院は回数が増えてめんどくさいんだけど、ちょっとずつやるのでリスクを分散できるらしい。

当然、通院のデメリットは時間がかかることだ。左右2回+縫合した紐を抜く必要があるので、合計4回も病院に行く必要がある。

ただ、抜糸に関しては自分でもやろうと思えばできる(僕は自分で抜いた ※非推奨)。

あと他のデメリットといえば。そうだな……手術が壮絶ってとこかな。

上の歯はスポーン。って感じで簡単に終わるんだけど、下の歯はもう滅茶苦茶。

麻酔をするので「歯」そのものには痛みはないが、手術中はずっと口を大きく開いてなければいけないので顎が痛い。

しかも、抜くときには相当な力を入れられるから、凄くビビるぞ!?

さらにさらに! 舌を押さえられたり、器具をブチ込まれたりするので呼吸がしにくい(鼻づまりしてたら窒息する)。


で、手術時間はだいたい30分くらいだったかな。

耐ろ。終われば会計じゃ……。

……手術後は麻酔の影響でほとんどまともにしゃべれなくなるだろう

しかもそのくせ、喋れないことを受け付けの人は察してくれないからな。(たぶんどこでもそうだと思う。この世の人々は冷たいのでね、そう思って生きていった方が楽よ)。


市民病院くらいデカくなるとクレジットカードを使うことができるから、現金をもっていかなくてもいいって部分は最高だったかな。


で、金額

右下の歯(一回目)にかかった費用は初診930円+抜歯3520円+麻酔180円+レントゲン1580円+処方箋220円の合計6430円

左下の歯(二回目)にかかった費用は再診230円+抜歯3520円+麻酔180円+220円で4150円だった。

抜いた後


色々書いてたけどポリシー的に良くなさそうなので消去。

下記は合計の金額。

日付内容値段
2020年07月06日歯科(レントゲン)※無駄金 病院の予約3080円
2020年07月16日抜歯(右下)※初診6430円+800円
2020年07月27日抜歯(左下)4150円+500円


金はそこそこかかるけど、親知らずが気になるのなら早いうちに抜歯した方がいいんじゃないかな~って僕は思う。

年をとると骨が硬くなって抜歯が難しくなったり、傷の治りも遅くなるからね。

若い場合でも智歯周囲炎(親知らずのまわりの歯茎に起きた炎症)を発症するリスクなどもあるらしい。……ので!

抜歯、早いうちに終わらせよう。